ビーチクリーンキャンペーン
〜See Enjoy and Act!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

なぎさの博物館 砂浜
なぎさの博物館 砂浜
〜4/10まで
愛媛県立科学博物館で開催中!

http://www.i-kahaku.jp/exhibition/2011/0305/index.html


 

かきの養殖パイプで作ったタイトルが
入り口でお出迎え。



全国のすなはまMAP
各地の砂浜の砂が展示されています。
こんなに違うのか!と改めて驚きます。



海岸に漂着した海具・外国製品など
ゲンブツが、展示されてます。

ラヂオバリバリビーチクリーンキャンペーンで収集した
ゴミ(漂着物)データも展示ありますぞ。



3/5,6は海の生き物や環境について学ぶ
砂浜たんけん隊が実施されました。
講師は沖縄の「海の自然史研究所」からやってきた
ピースさんとのっこさん!



砂浜の砂とそこにあったいろんなもんが入ったBOXを各班に配布
これはどこの砂かな?
分類してみよう!動物?植物?人間が関係してるもの?



これは何? → 銭石(星の砂の仲間)
有孔虫が死んでホネになったもの



珊瑚は動物?植物?
そもそも動物と植物の違いってなーに〜?

いろんな話が展開されてます。

次のお題は
水の油は何が一番吸うのかやってみよー!
まずは予測! ↓↓↓ 見える?



油を浮かべて・・



よし、鳥の羽でとってみよう。



あ、ようとれる〜。

<結果>一番とれたのは鳥の羽
      一番とれなかったのは脱脂綿

海で油の流出あったとき油まみれの鳥、見たことありますねえ。
彼らの羽は油を吸ってしまうことになるわけで。
油まみれになると、肌まで水が入っちゃうし
飛べなくなるし・・人間のしてしまったことで
本当に気の毒です。

いろんな体験通して海のこと
もっと知る機会あるといいですね。

あ、企画展ではこんな体験コーナー
(砂の中から貝を探す)もありますよ。



まだまだ知らないこと、知られてないことが
たくさん×2ある海、ドキドキしながら楽しもう!

なぎさの博物館 砂浜は4月10日まで開催中です。
ぜひ行ってね!


ホッと今治でビーチクリーンブース
ちょこっとブースをホッと今治(8/1@唐子浜)でopen



「これ、みんな海にあったのー?」



これはお隣の国、韓国から流れてきたんだよ。
「ふううん」



手のひらの中に貝殻入ってるんだよね。へへへ。



こどもたちは貝殻好きだね。




海のことブース @ さいさいきて屋
11/23(勤労感謝の日)
今治市中寺の農産物直売所「さいさいきて屋」にて
「海のことブース」を1日openしました。





9月に波方町”大角海浜公園”行った
「ビーチクリーン」時のゴミデータ
および
瀬戸内海、日本、世界のデータを展示。

今治近郊でも見られる
漂着物あれこれの実物展示。

展示物のうしろにコレは何かの答えを書いてました。
女の子がめくって答えを確かめてます。



ちなみにこれはマイルカの背骨(上)と下あごです。
ちゃんと、歯もついてます。


下の写真の黄色いシルク
色は海からもらった色です。

黄色はハマゴウ
少し薄い黄色はアメリカネナシカズラ
少し緑がかった(わかる?)のが、アマモ(海草)
オレンジがかった黄色はホコガタアカザ(外来種)です。

紫色はイボニシ、レイシガイ、アカニシなどの
アッキ貝科の貝で染めたものです。





貝もいろんな種類がありますね。今回は愛媛県の貝を展示。
下のほうにはカニも1匹。
こちらは七五三浦で見つけたマメコブシガニです。
こどもたちに人気でした。





ショウユダイいろいろ博物誌

河原津〜大角、中島など
瀬戸内海沿岸付近で泳いでいたショウユダイいろいろです。
(正確には泳いだ後、砂浜で休んでいるところを小林さんに捕まえられた)
大きさも形も少しずつ違う。
片面しかうろこ柄がないものや、金色のショウユダイも!





この貝は××ではないか、△△ではないか・・
お客さんも交えて、急遽研究会議のムードに。





男の子がのぞいてるのは
今治城のお堀で見つけたタカラガイの仲間





図鑑と照らし合わせて、こどもたちとチェック中。





お気に入りの貝殻とビーチグラスを選んで
ハイチーズ!





11/27(金)のビーチクリーンの番組「see, enjoy and act」
出演は愛媛県総合科学博物館・学芸員の小林さん。
今回の展示会の模様などお話しいただきます。

ぜひお聴きください。