ビーチクリーンキャンペーン
〜See Enjoy and Act!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

10/16(日)唐子浜でのゴミデータ!
10/16(日) 13:30-14:00 @ 唐子浜
砂浜海岸200m×(奥行き)15m→3000ヘイホーメートル
 
集めたゴミの量 4袋 16.3kg

 
1:   発泡スチロール 小(1ヘイホーメトル未満) 148(個)
2:   プラスチックシートや袋の破片 134
3:   カキ養殖パイプ 104
4:   硬質プラスチック破片 87
5:   ふた・キャップ 79

2011 秋のビーチクリーン
10/16(日)、晴れ!
よかったー。
無事開催できました、ビーチクリーン。
ここのところ、ずっと雨だったので
晴れただけでもうれしいなあ。

さて今回は、今治市唐子浜で行いました。
燧灘に臨む白砂青松の海岸。
海浜植物のハマゴウ群落やこれを食べるヤマトマダラバッタがいます。




今日は天気もよく、シーカヤックやヨット、水上スキーを楽しむ人たちがたくさん。
向こうには唐子浜の赤灯台も見えます。



サッカー少年たちも集まってきました。
ビーチクリーンというよりは、そのあとのビーチサッカーが本命のキッズたち?笑



雨が降ったせいか、流木や木切れ、
わら?のようなものなどがたくさんあります。
自然に帰るものだけどね。



その合間に、石油系のゴミも混じっています。



さて、はじまりました。ビーチクリーン。
まずはあいさつ&ビーチクリーンのデータの取りかたの説明。
桜井の漁師さんたちも来てくれました。
マイクを握っているのは、
ラジオのパーソナリティもしている漁師のおタカさん。
海とは毎日顔をつきあわせとるけんね。
後半で海底ゴミの話、アマモを植えている話などしてくれました。



ウミケムシ〜 これを見つけたら、触らないようにね。



さて、いざゴミ拾い。これはどこに入るのかなあ。。
結構カテゴリー分けが難しいのだ。













こっち向いて〜!





たっくんは貝殻拾い。




藤原のようちゃん、何か見つけてきたようです。



なぜか、マジ?でサッカー少年を追いかけるおタカさん。



どこまでも追いかけます。結構しぶとい?というか、若い?笑



あ、ハマボウフウ。



どこまで根っこあるんやろう。shukoさんが掘りはじめてみたものの、
一向に最後が見えない。
それもそのはず、長いもので1mくらい深く根ざしてるんだって。



ちっちゃい海ゴミ。
ちっちゃいからこそ大変なゴミ。
砂浜にまぎれて拾えなくなってきます。

プラスチックの材料になるレジンペレットや
農業用肥料の液体を入れる小さな容器。
まいて溶け出すと肥料になるそう。
でも外側の皮みたいな容器はゴミになっちゃいますね。

さて、拾ってきたものをみんなで観察。
「海のゴミはなくせると思う?」の問いに
こどもたちは1人を除いて"無理”という回答。
「減らせると思う?」との問には
1人を除いて”できると思う!”



さあ、お待ちかね、ビーチサッカー!




お母さんたちはメダルづくり。ビーチクラフトに挑戦中。



さて、こどもたちは・・・作戦会議中?



かと思ったら、流木で基地づくりをはじめました。



おもしろいねえ。
さて、サッカーの続き。こどもチームvs大人チーム。



最後はPK戦に。こどもたち、ボールを埋める作戦にでました。



気合だーー?!




最後にメダルの授与風景。お母さんたちの力作です。








今回はまさに、see(sea), enjoy and actの
(特に”enjoy”の)できたビーチクリーンとなりました。
また次回も、漁師さんやこどもたちも一緒に活動できたらと思います。

データに関しては後ほどアップします。

11/23 大角海浜公園にてデータ収集
ビーチクリーン3度目の正直!

2度も流れてしまったビーチクリーンですが
データ収集だけでもしよう!というわけで
11/23の10:00-11:00
大角海浜公園で行いました。
寒い中協力してくれたみんな
ありがとう!!

”スリッパ1、記入お願いします〜!”



”カキパイプ、多いね”



”これ、何やろか”







それにしてもゴミ多いなあ。
夏来た時より、ずいぶん多い。
そりゃ、こどもたちの海離れがあっても
しょうがないかもしれん。



車関係のゴミも今回は多かった。
グリースは海に流れ出すと、生き物は本当に迷惑やね。





秋キャンプの残骸?
ガスボンベがけっこう落ちてます。



これは建築資材やね。



中国のミネラルウォーターと思われるペットボトル。
中には日本語の雑誌の切り抜きがはいってました。
衝撃スクープ云々とか
船からのゴミかなあなどと推測したり。
 


これはなんじゃろね。
右側は子ども用自転車(三輪車)のグリップかな。



最近流行ってる電子タバコも、早速海ゴミに。



これはカラスじゃないよ。
白い色が先に入ってるからカモメらしい。



キャップの中の小さな世界に生き物が。
波から置き去りにされたかな。



見えるかなあ。けっこう入ってます。



海にもどしてあげようね。 バイバイ〜



このゴミ(アーガメイト20%ゼリー)はよく見つかる。
何でかな。腎臓のお薬らしい。



ペットボトルゴミも多い。



地元特産の竹酢液も、せっかく地球に優しい商品なのに
海ゴミになっちゃうのは残念ですね。



発泡スチロールは細かくなって
海の生き物が誤食しやすいし、いつまでの分解されないので
かなり頭の痛いゴミですね。



夏のように花火ゴミはみかけませんでしたが
キャンプゴミと思われるガスボンベなど気になりました。
ペットボトル、キャップ、タバコなども相変わらず多い。
タバコは最近流行の電子タバコも初収集。
せっかく多様な生き物が息づく今治の海。
豊かさ・美しさを保っていきたいもの。
みなさん”捨てない”意識、よろしくお願いします。

さて、ビーチクリーンのあとの熱いコーヒーと甘いもん。
おいしいね。
(ぴよちゃんが差し入れてくれました




おいちー


さあて、こどもたちは貝殻拾いに入りました。



棒遊びも〜
こどもは遊びの天才



みなさんどうもありがと!
(ヤマトタケルさんも参加ありがとう




<今回のゴミデータ>
11月23日(火・勤労感謝の日)10:00-10:30
@大角海浜公園(今治市波方)
ゴミの総量7.9kg (燃えるゴミ 1kg / 燃えないゴミ 6.9kg)

1位   カキ養殖用パイプ 182
2位   ふた・キャップ     46
3位   袋類・プラスチック(農業用以外) 37
4位   硬質プラスチック破片 28
5位   タバコの吸殻・フィルター 19
      飲料用プラボトル  19
         ストロー・マドラー  19
8位   ロープ・ひも 11
9位   使い捨てライター 9
      プラスチックシートや袋の破片 9
11位 飲料缶 8
12位 飲料ガラスびん 7
     おもちゃ 7
14位 スプレー缶・カセットボンベ 14位
     生活雑貨
     タバコのパッケージ・包装
17位 建築資材(くぎ・針金以外) 5
     注射器以外の医療ゴミ 5
     発泡スチロール破片・小(1平方センチ未満) 5
20位 発泡スチロール破片・大(1平方センチ以上) 4
     プルタブ 4
     潤滑油缶・ボトル 4
23位 袋類・紙(農業用以外) 3
     漂白剤・洗剤用ボトル 3
     ルアー・蛍光棒(ケミホタル)
26位 衣服類 2
     くつ・サンダル 2
28位 食器(わりばしを含む) 1
     苗木ポット 1
     ウキ・フロート・ブイ 1
     紙片 1
     くぎ・針金 1  


ビーチクリーンに参加して。
参加しての感想を寄せていただきました。
当日の感想及びラジオ番組あてにいただいたものの一部です。

*かき養殖パイプがあんなに落ちていることにびっくりしました。
 拾っても拾ってもキリがないと思ったけど、
  一般ゴミは自主的に拾っていきたい。

*タバコのフィルターがあまりにも多いです。
 スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)もあってがっかり。
 花火もとても多い。これから夏にかけてもっと多くなるでしょうね。

*今日はビーチクリーンキャンペーンありがとうございました。
  僕もジモッティーとして参加させて頂きました。
   織田が浜のゴミが減ったことは勿論、それ以上に、
  広い視点でビーチにまつわる問題を理解出来てうれしかった。
   有り難うございました!

*きのうは、どうもどうも、です。
  ホントに、こうゆう事は、地道に広げて行かなくては、いけませんね。
   そう思いました。で、きのうの感想といいますと、
  僕たちの今治の砂浜に、遙か彼方の外国のゴミが流れ着くとゆう事は、
   私たちの流したゴミが、外国の、砂浜に流れ着いて、
   その砂浜を、汚してると思うと、
   なにか、後ろめたいような気持ちがしました。
   外国の方に、どうも、すみませんと、思いました。
   よく考えると、この砂浜に打ち上げられた、ゴミとゆうか、有害物は、
   水より比重があれば、沈んでしまうし、はたまた、液体であれば、
   溶けて、七つの海に流れて、しまうし、打ち上げられるものは、
   ゴミ全体の、ほんの一部分、パーセントにしたら、全体の、
  一桁台の、数%に、すぎないでしょうね。
   このままでは大事になりますね。環境ホルモンが、うんぬ んと、
   言われ出したのは、つい最近ですが、きのうは考えさせられました。
   何とか、しなければ!!!




ラヂバリ 春のビーチクリーン(5/16)リポート2
ラヂオバリバリ 春のビーチクリーンゴミデータ

日時:2010.5.16. 
場所:今治市織田ケ浜

拾ったゴミの集計をすると以下のようになりました。
カキの養殖用パイプはやはり多いですね。
広島・愛媛などのクリーンアップ会場で大量に回収されています。
1994年のデータでは広島地域全体で使用されるパイプ数は
3億3600万本といわれています。
荒天などで流れ出したものが今治の海岸にも
多く漂着しています。
遠くは北西ハワイ諸島などでも見つかっているそうです。

あとスタッフ個人的に気になるのは
毎回見つかる注射器。
管理がしっかりしてそうでそうでもないんですかねえ。
というか、病院関係の注射器なんでしょか??コレ。
その起源が気になります。

これらゴミの内容を見ていると
海でポイ捨てをしないようにすればいい!という問題ではなく
日ごろ私たちが使っているものが、めぐりめぐって、海に流れ着いている
ということがわかるのではないかと思います。
みなさんもぜひ、ながめてみてください。
(ゴミの総量17.7kg)


1   カキ養殖用パイプ 754
2   タバコの吸殻・フィルター 748
3   硬質プラスチック破片 364
4   ガラスや陶器の破片 277
5   発砲スチロール破片:大 143
6   ふた・キャップ 142
7   発泡スチロール破片:小 119
8   食品の包装・容器 113
9   プラスチックシートや袋の破片 109
10   ストロー・マドラー 94
11   袋類・プラスチック(農業用以外) 57
12   ロープ 56
13   花火 48
14   生活雑貨 37
15   飲料用プラボトル 30
16   注射器以外の医療ゴミ 26
17   建築資材(くぎ・針金以外) 25
18   ルアー・蛍光棒(ケミホタル) 23
19   金属破片 14
20   紙片 12
21   タバコのパッケージ・包装 10
22   飲料缶 9
22   釣りえさ袋・容器 9
24   苗木ポット 8
24   おもちゃ 8
24   ウキ・フロート・ブイ 8
27   プルタブ 7
27   注射器 7
29   飲料ガラスびん 6
29   荷造り用ストラップバンド 6
29   釣り糸 6
32   使い捨てライター 5
32   袋類紙・紙(農業用以外) 5
34   電球・蛍光灯(家庭用も含む) 4
35   食器(わりばし含む) 3
35   薬きょう 3
35   発泡スチロール製フロート 3
38   スプレー缶・カセットボンベ 2
38   衣服類 2
40   葉巻などの吸い口 1
40   くつ・サンダル 1
40   家電製品・家具 1
40   漁網 1
ラヂバリ春のビーチクリーン(5/16)リポート
ラヂオバリバリ 春のビーチクリーン
5/16(日)今治市織田ケ浜にて行いました。

心配していたお天気も見事にはずれ、晴天です!

まずは、ビーチクリーンに参加していただいた皆さん
ありがとうございました。

当日の様子を写真でUPします。

ラヂオバリバリのビーチクリーンは
世界共通の海ゴミ調査のデータ表にのっとり
拾ったゴミのデータをとっています。
リーダーの小林さん(科学博物館学芸員)や
藤原さん(くららくらぶでおなじみ!)が
データ記入の説明などをして、いざビーチへ!




今回は、ラジオ関係者やリスナー、毎回参加してくださる方に加え、
全国を渡り歩く旅人、自然観察を続けてらっしゃる方、地元で定期的に
ビーチクリーンをしていらっしゃる方、今治市明徳短期大学の学生さん
(留学生の方も)、愛媛大学の学生さん、先生など37名の
さまざまな方に参加いただきました。(スタッフ含め全45人)





ビーチにはいろんなモノがありますねえ。
ちょっとおもしろいモノをピックアップ。
それぞれ何かわかりますか?
タイル  おもちゃ?ホンモノ?注射器のようなもの2つ  
さしみなんかによくついてる菊型のプラスチック
大きな発泡スチロール、クルミなどなど。

この発泡スチロールは大きいですが
波の衝撃や、紫外線による劣化などで
どんどん小さくなっていきます。
それらは誤食・誤飲する生き物が腸閉塞などを
起こしたりする原因になります。
小さくなってしまうと見つけるのも難しいし、困った問題です。

ICC(国際海岸クリーンアップ)の報告によると
残念ながら、発泡スチロールやプラスチックの破片などは
増えているという報告があります。

ゴミを出さないことが前提ですが
少なくとも目に見えるうちに拾っておきたいものです。




さて、ゴミ拾いが終わったら、漂着物観察トークなどもしながら
おいしい手作りピザ(byダッチオーブン)!の出番です。
アロハエコーズのハワイアン生演奏も楽しみながら、
織田ケ浜タイムを楽しみました。
改めて、織田ケ浜、サイコ〜!






次回のラヂバリ秋のビーチクリーンは10月24日(日)に
今治市波方・大角の鼻で行う予定です。

なお、毎週金曜、朝の生番組「すっぴん小町」内8:40〜
ビーチクリーンの番組「See(sea) Enjoy and Act!」を放送中。
ぜひお聴きください。



プレ・ビーチクリーン 10.4.11. 七五三ケ浦(今治市波方町宮崎)
 
今回はビーチクリーンの前に
お楽しみのうどん+山・海辺の植物、海草などを食する時間も!
てんぷらにしたり、うどんの中に入れて楽しみました。

三つ葉、セリ、スギナ、ワラビ
ワカメ、ヒトエグサなどなど

(*山のものは今治市宅間などで採取)




食事のあとは、JEANのゴミデータの分類の仕方、記入方法
取り扱い注意のゴミなどの説明。
(液体などが入っているものは開けない、注射針などに触らないなど)






30分間のビーチクリーン(ビーチコーミング)開始!






さて、集まったゴミ/漂着物を持ち寄ります。

今回も外国語で書かれたモノが、いくつか見つかりました。

韓国語、中国語。
英語で書かれたものも、
よく見るとマレーシアって書いてました。




医療系のゴミも結構ありますね。
上2つは注射器・注射針 下は浣腸、薬。これらもよく見られます。



ケミホタルなど釣り関係のゴミも。(右上)
建築資材など、釘ついてると危ないですね。
左下はビンの中に入っているのはナンなのだろう。気になる。
・・がその場では開封せず。
右下のような除草剤や農薬も。



最近安全性の問題も取りざたされてる使い捨てライター
ゴミとしても問題ですねえ。
お店などの印刷があると電話番号や住所が
どこから流れてきたのか推測する手段のひとつに。
本日見かけたのは呉からなど。



左はウニ、右は???イノシシでしょうか。ただいま分析中です。




ほかにも、中野さんや堀川さん、



神様までもが流れ着きます。




さまざまなゴミ/漂着物がありますが、やはりダントツで多いのは
カキ養殖のパイプ。実際使われている数がかなり多いんですね。
一見わかりませんが、砂浜を丹念に見ていると、
レジンペレットもありました。
レジンペレットはプラスチック製品の中間材料の小さな粒で、
ポリエチレン・ポリスチレン・ポリプロピレンなどからできています。
長い年月にわたり分解されずに存在し続けるので
自然環境に与える影響は深刻です。
魚の卵だ!と間違って食べてしまう生き物は
栄養失調になったり、腸閉塞になってしまうことも。
もちろん、めぐりめぐって人間への影響もあるわけです。

こういう分解されないようなものを捨てる、という以前に
なるべく生み出さない、つくらなくてすむような生活の仕方も
あるんじゃないかなあというのもひとつ、感じるところ。

次回は5/16(日)に春のビーチクリーンを織田が浜で行います。
ぜひご参加ください。





プレ・ビーチクリーン@七五三ケ浦
お天気が心配されたラヂバリビーチクリーン(プレ)でしたが
実施することができました。
途中、雨もありましたが、
参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

日時:4月11日(日)13:10〜13:40(30分間)
場所:七五三ケ浦(今治市波方町宮崎)

1 カキ養殖用パイプ 944
2 食品の包装・容器 97
3 硬質プラスチック破片 71
4 飲料用プラボトル 62
5 ふた・キャップ 58
6 生活雑貨 52
7 飲料ガラスびん 31
8 発砲スチロール破片:大 30
9 ストロー・マドラー 29
10 プラスチックシートや袋の破片 24
11 使い捨てライター 20
12 袋類・プラスチック(農業用以外) 17
13 漂白剤・洗剤類ボトル 17
14 タバコの吸殻・フィルター 16
15 注射器以外の医療ゴミ 16
16 ロープ 16
17 飲料缶 15
18 苗木ポット 15
19 建築資材(くぎ・針金以外) 15
20 スプレー缶・カセットボンベ 14
21 おもちゃ 11
22 その他 11
23 くつ・サンダル 9
24 ルアー・蛍光棒(ケミホタル) 7
25 ウキ・フロート・ブイ 5
26 袋類紙・紙(農業用以外) 4
27 電球・蛍光灯(家庭用も含む) 4
28 ガラスや陶器の破片 3
29 プルタブ 3
30 食器(わりばし含む) 3
31 くぎ・針金 3
32 農薬・肥料袋 2
33 自動車・部品(タイヤ・バッテリー以外) 2
34 潤滑油缶・ボトル 2
35 荷造り用ストラップバンド 2
36 魚箱(トロ箱) 2
37 発泡スチロール破片:小 1
38 シート類(レジャー用など) 1
39 注射器 1
40 風船 1
41 花火 1
42 衣服類 1
43 コンドーム 1
44 タンポンのアプリケーター 1
45 紙おむつ 1
46 漁網 1
47 釣りえさ袋・容器 1


当日の様子などはまた後日紹介します。
ビーチクリーンと海辺の観察(リポート)
3月13日(土)に今治市の七五三ケ浦(しめがうら)で行われた
ビーチクリーンと海辺のいきもの観察”リポートです。

主催:環境省中国四国地方環境事務所高松事務所松山自然保護官事務所
協力:FMラヂオバリバリ

波方町宮崎にある七五三ケ浦ほそーいクネクネ道を抜けると
こんな海の風景が。



七五三ケ浦海岸の付近は昔から湧き水が豊富で
くぼ地には田畑があり、住居跡と見られる灰の層や
土器片もはっけんされ、古代から人が住んでいたと言われています。
(松山自然保護官事務所資料より)


でも、風や潮流の影響でたくさんのゴミが流れ着いてしまう場所でもあります。


IMG_2055



今回、拾ったゴミ:
相変わらず養殖パイプが多いのですが、ほかにもいろいろあります。

インターナショナル部門

IMG_2088

IMG_2142

IMG_2081


中国語ハングル文字が見えます。


危険なモノ(かもしれない)部門

注射針が入ってました。

IMG_2085

釣り針がついてることもあります。

IMG_2090


ほかには・・・


こんなものも。
船につける電球です。         
                                             
IMG_2083

願かけでしょうか。
キューピーにお願い事がかいてあるようです。
どんな方がどんな思いでかかれたんでしょうか。
今どこでどう過ごしているのでしょうか。
願い事はかなったでしょうか。
想像が広がります。




こんなのもあったヨ!

IMG_2074


ビーチグラスを集めている人たちも!
サカナつくってみました。

IMG_2095


さて、ゴミひろい&観察のあとは、砂浜と磯の生き物探検です。

こういう木の下にはいろんな生き物がいるんだよ。

IMG_2102


さあ、磯へ!

IMG_2106

やどかりだぁ

IMG_2114

クモヒトデ
トカゲが尻尾を切るように、手を切って逃げるんだそうです。

IMG_2123

ミドリイソギンチャク

IMG_2128

ウニ*ウニ

IMG_2141

次回4月11日には
この七五三ケ浦でラヂバリのビーチクリーンを行います。
ぜひご参加ください。
お問い合わせ・お申し込みは
FMラヂオバリバリ:0898-31-0876 mail:fmbari@dokidoki.ne.jp

IMG_2129
アクティブレンジャー永田清美さん
ビーチクリーンキャンペーンに
スタッフとして参加してもらっています
環境省 アクティブレンジャーの永田清美さん。

ビーチクリーン当日は瀬戸内海国立公園が、
我が国で最初に国立公園の一つとして指定されたこと
一番広い国立公園であることなど説明いただきました。

ブログではこんな風に言われてます。

掃除をしてもまた流れ着くゴミにうんざりしてしまう…。
それでも自分や周囲の意識が変わり、日々のゴミを減らすこと、
一つ一つのゴミを拾うことなどを積み重ねたら、確実にゴミは減っていく。
一人でも多くの人がゴミの由来を知り、関心をもって行動していくこと、
輪が広がっていくことが第一歩なのかなと思います。

ぜひ、みなさんも次回参加してくださいね。

 http://chushikoku.env.go.jp/blog/index.php